お気軽にお問い合わせください。

仙台市・宮城県の車庫証明申請・名義変更手続きをサポート

仙台・宮城に住所変更をした場合 ~ナンバー変更~

WRITER
 
封印
この記事を書いている人 - WRITER -
行政書士の佐久間です。 仙台市・宮城県の車庫証明・名義変更を承ります。 申請・受取はもちろん、書類の作成・承諾書の手配・所在証明の手配・車庫証明の持込等々柔軟に対応しております。 出張封印もできるので、自宅に車を置いたまま名義変更も可能です。 急ぎの案件も得意です!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

年度末や年度初めに住所変更をされる方は多いと思います。

  • 宮城県内での引っ越し
  • 他県から仙台市・宮城県に引っ越し

その際に自動車のナンバープレートも変える必要があります。

  • 宮城県内での引っ越し「仙台宮城」「宮城仙台
  • 他県から仙台市・宮城県に引っ越し「他県宮城」「他県仙台

手順や必要な書類について見ていきましょう。

必要な書類

  1. 委任状(所有者)
  2. 委任状(使用者)→所有者と同じ場合は不要
  3. 姓や住所が変わったことがわかる資料(戸籍謄本・住民票の写し)
  4. 車庫証明
  5. ナンバープレート

所有権が移るわけではないので、印鑑証明書は不要。

委任状への押印は、実印じゃなくて三文判でOK。

姓が変わっている場合は、結婚の事実がわかる戸籍謄本(抄本)・住所が変わったことがわかる住民票の写し(前住所記載のもの)を添付します。

転居を繰り返していると、現在の住民票を取得しても前の住所しか出てこないので、戸籍の附票を取得することに。

この附票は住所の一覧となっていて、非常に便利なものなんです。

ただし、「戸籍」の一種ですから、本籍地でしか取得できません。

今日中に宮城運輸支局に申請することが絶対的命題だとした場合、お客様の本籍地が香川県だったりすると絶望に変わります・笑

そうならないためにも、早めに書類の準備とするといいですね。

ちなみに、結婚・離婚を繰り返していると新戸籍が編成されたり実家の戸籍に出戻りしたり…、そのたびに本籍地も変わるので丁寧に拾っていくことになり、複数の戸籍の附票が手元に集まることに…。

要は姓・住所も繋がりがわかるように…ってことです!

申請してみよう

OCR用紙

宮城運輸支局に行ったら、印紙販売所で350円の登録印紙を購入。

レシートがもらえますが、領収書の方がよい方は「領収書をください」と伝えればレシートに毛の生えたような領収書がもらえますΣ(゚Д゚)

本格的な領収書が欲しい場合は、宮城運輸支局の対角線上にある宮城県交通会館内で購入。

ちゃんとした(?)領収書がもらえます。

OCR(申請書)は変わる部分だけ記入する仕組み。

所有権が信販会社やディーラーさんなら、所有者欄は全くの空欄でOK。

書類が整ったら、すべての書類をホッチキスで留めて窓口へGO。

新車検証が出たら…

必ず新車検証の記載を確認しましょう。

間違いは誰にでもあります。

っていうか、

自分で書いたOCR用紙の申請書も必ず読み取ってもらえるとは限りません。

職員さんも確認はしていると思いますが念の為。

その場でご記載を確認できれば、訂正もすぐにしてもらえます。

ナンバー変更の場合は、新車検証が出たタイミングで、いまのナンバープレートを自分で外して返却します。マイナス・プラスドライバーをお持ちください。忘れても宮城県交通会館のカウンターで道具は貸してもらえます!

行政書士のさくまさん

宮城県交通会館に移動

宮城県交通会館に移動して、税申告をします。

他県で納税していた方は、宮城県での納税に変わるから。

申告書は備付のものがあるので、車検証を見ながら転記しましょう。

所有者がディーラーさん・信販会社さんの場合、使用者が納税義務者になります。

リース会社さんの場合は、リース会社さんが納税義務者。

念の為、確認してくださいね(/ω・\)チラッ

税申告書は間違って書いても大丈夫。二重線の訂正で○。税申告手続きが終わったら、ナンバープレートの購入!

行政書士のさくまさん

ナンバープレートの購入

同じ宮城県交通会館内のカウンターで、ナンバープレートを購入。

この手順がうまい!
税申告の手続きをしないと、ナンバープレートは購入できないのです。

税金払わないヤツには、ナンバープレートはやらねーよ!

って感じ(^_^;)

普通車であれば2枚で1,580円(通常希望ナンバーは4,060円。先払いなのでココでの支払いはなし)

購入時に車検証を窓口で渡してしまうので、手元にはナンバープレート2枚と封印の土台・ボルト4本。

取り付けも自身でします。

終わったら、ボンネットを開けたままにしてしばらく待機。

開いているボンネットを目印に職員がやってきて、後ろのナンバープレートに封印を“パチン”と。

そのまま職員から新車検証を受け取って終了となります。

まとめ

車庫証明は警察署に最低2回

ナンバー変更では宮城運輸支局に最低1回

足を運ぶ必要があるので、多少時間と労力が必要になりますが、「自分でやってみたい・お金はかけたくない」って場合にはチャレンジしてみてください。

ネットでも情報は出てくると思うので、キチンと書類ができていれば一発で終わります。

ネットで調べたり、何度も足を運ぶのはめんどくせーって方は、行政書士に任せるのアリですよ。

出張封印ができる行政書士なら、警察署・運輸支局どころか全く自動車を動かす必要もなく、夜や土日でもナンバー変更までお任せできます。

ご自身の状況に合わせて、手続きを進めてみてくださいね(*^^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
行政書士の佐久間です。 仙台市・宮城県の車庫証明・名義変更を承ります。 申請・受取はもちろん、書類の作成・承諾書の手配・所在証明の手配・車庫証明の持込等々柔軟に対応しております。 出張封印もできるので、自宅に車を置いたまま名義変更も可能です。 急ぎの案件も得意です!

Copyright© 車庫証明・名義変更サポート@仙台・宮城 , 2018 All Rights Reserved.