お気軽にお問い合わせください。

仙台市・宮城県の車庫証明申請・名義変更手続きをサポート

軽自動車の名義変更 ~仙台・宮城~

WRITER
 
軽自動車の名義変更
この記事を書いている人 - WRITER -
行政書士の佐久間です。 仙台市・宮城県の車庫証明・名義変更を承ります。 申請・受取はもちろん、書類の作成・承諾書の手配・所在証明の手配・車庫証明の持込等々柔軟に対応しております。 出張封印もできるので、自宅に車を置いたまま名義変更も可能です。 急ぎの案件も得意です!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

宮城県での軽自動車の名義変更は、軽自動車検査協会宮城主管事務所で手続きをします。

普通車の手続きと違う部分がありますが、ご自身で手続もできるので参考にしてみてください。

必要書類は?

  • 車検証(原本)
  • 申請依頼書(委任状)
  • 使用者の住所を証する書面(住民票の写しなど。発行日より3ヶ月以内)
  • ナンバープレート(車両番号標)
  • 申請書(軽第1号様式)
  • 自動車取得税申告書・軽自動車税申告書

車検証

車検証の原本は絶対的に必要です。

申請依頼書

申請依頼書

申請依頼書は委任状のこと。
普通車の場合は委任状ですが、軽自動車の手続きでは申請依頼書といいます。
右側に旧所有者(車検証に記載されている方)、左側に新使用者・新所有者が記入します。
印鑑は三文判でOK。
印鑑証明書の添付も不要。そういう意味では普通車の手続きよりも気楽ですね。

使用者の住所を証する書面

個人で言えば、住民票の写しになります。
発行日より3ヶ月以内。
あまり古いと使えないです。
車検証と住民票の写しを元に申請書や税申告書を作成するので、早めに準備をしましょう。
(住民票の写しは、行政書士も取得できます)

ナンバープレート(車両番号標)

管轄変更の場合は、ナンバープレートを返納します。
他県から宮城に変更、仙台→宮城、宮城→仙台
ナンバープレートは先返しなので、申請書類を提出する際に一緒に返納します。

事前に希望ナンバーを申込しておけば、好きな番号のナンバープレートにすることも可能。
今なら白ナンバーにもできます。

申請書(軽第1号様式)

申請書

軽協会の窓口で配布しています。
記帳台で記入してもいいのですが、事前に入手しておいた方が楽ですね。
すべてボールペンで記入します(普通車の手続きでは全部鉛筆。何で違うんだろ…)

自動車取得税申告書・軽自動車税申告書

税申告書

軽協会の窓口で配布しています。
記帳台には記入例の入ったファイルもあるので、参考にしてみてください。
基本的には車検証と住民票の写しからの転記です(*´∀`)

税止めの手続き

 

税止め

窓口に備付
1,000円支払うと、軽自動車税の手続きも終わります。
これは何の手続きかと言うと、旧所有者に軽自動車税が課税されないようにする手続きです。
普通車ではあり得ないのですが、軽自動車の場合は市区町村税なので、それぞれの自治体にも名義が変わったことを通知することが必要です。
でないと、
新旧所有者のどちらにも軽自動車税が課税されることも想定されます。
自分でいろいろやるよりも、1,000円支払って代行してもらったほうがラクです(*´∀`)

希望番号予約済証

希望番号

ナンバープレートは好きな番号で!
今なら白ナンバーも可能です(オリパラ7,740円、仙台柄ナンバー・ラグビーW杯7,500円)
交付までは通常で中3日、オリパラ等は10日程度かかります(*´∀`)

まとめ

普通車と違ってそれほど難しくないと思います。
印鑑証明書も必要ないし、実印での押印も求められていません。
譲渡証明書も不要ですし。
時間的に難しい場合は行政書士に依頼しましょう。
なんやかんやで時間はかかりますので(ΦωΦ)

補足

仙台市・石巻市に自動車を保管する場合は、別途保管場所の届出をしなければなりません。
揃える書類は、普通車と同じと考えていいです。
届出書は警察署窓口に備付があります。
費用は標章(ステッカー)交付手数料の500円のみ。
即日(約15分ぐらい?)で終わります。
めんどくさいと思ったら行政書士まで!

この記事を書いている人 - WRITER -
行政書士の佐久間です。 仙台市・宮城県の車庫証明・名義変更を承ります。 申請・受取はもちろん、書類の作成・承諾書の手配・所在証明の手配・車庫証明の持込等々柔軟に対応しております。 出張封印もできるので、自宅に車を置いたまま名義変更も可能です。 急ぎの案件も得意です!

Copyright© 車庫証明・名義変更サポート@仙台・宮城 , 2019 All Rights Reserved.